まち創りから潤いある未来を

総合的な子育て支援による、まちづくりの実践

わが国では、社会的な課題となっている「少子化」「子育て家庭の孤立化」「待機児童」などに対応するため、現在、国をあげて子どもや子育て家庭を支援する動きが進められています。

こうした流れを受けて、地方自治体でも、さらなる子育てにおける環境づくりの充実が求められていますが、子育てという位置づけは幅広く、「施設・受け皿の課題」「貧困対策」「虐待対応」「母子(父子)保健分野の充実」など、取り巻く課題は日々多様化しているのが現状です。

こうした個別課題への対応に手を取られるあまり、まちごとに、どのような理念をもって子育て支援・こどもの成長を支えていくのか、みえづらいものとなっており、改めて、地域の実情に照らし合わせながら、トータルでこどもの育成をどのように育むかのビジョンづくりが求められています。

 

 

幅広い子育て支援によるトータル・サポート

当社では、「エンゼルプラン」の時代から児童福祉における政策立案の支援に取り組んでおり、現在では、「子ども・子育て支援事業計画(評価・検証業務含め)の見直し」「子どもの貧困対策計画」「幼保一体化計画」「児童発達支援センター事業計画」等の調査・計画策定を行っており、総合的に子育て支援分野に精通しています。

また、子育て支援のガイドブックやWEBサイト、アプリの制作も行っており、若い子育て世代の方々にも効果的に情報を届けるための総合発信業務にも取り組んでいます。

そのほか、父親による子育て参加プログラムの実践、講演会・フォーラム、保育士等職員に向けた実践的な研修など、子育てに関連した参加促進事業・イベント等にも取り組んでおり、幅広く地域の子育て支援をサポートしています。

 

新着記事